文字サイズ 文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大

ホーム › 公園施設のご案内 › 歴史散策エリア › 福島市民家園

公園施設のご案内

公園施設のご案内

福島市民家園

福島市民家園

民家園のあらまし

昭和45年、福島市松川町に所在した鈴木家住宅(赤浦屋―馬宿)が川崎市立日本民家園に解体運搬され、翌年復原されたことが契機となり、民家の保存施設の構想が始まりました。

福島市民家園は、昭和54年から、伝承されてきた生活遺産を大切に保護し活用するための文化財保存施設および教育施設として建設が進められ、昭和57年8月、「福島県あづま総合運動公園」内に開園しました。

敷地約110,000㎡の園内には江戸時代中期から明治時代初期にかけての県北地方の民家を中心に、芝居小屋、宿店、料亭、板倉、会津地方の民家等が移築復原されています。また民家園内には生活・生産用具を展示し環境復原も可能な限り進めています。

詳しくはこちらをご覧ください(民家園HP)

公園施設の利用ガイド リンク サイトマップ 個人情報保護方針 お問い合わせ よくある質問 

あづま総合運動公園
〒960-2158 福島県福島市佐原字神事場1番地 TEL:024-593-1111 FAX:024-593-1114
(指定管理者:公益財団法人福島県都市公園・緑化協会)
Copyright(C) 2012 あづま総合運動公園 All Rights Reserved.